ユーザー登録

利用するユーザー情報を入力してください

ユーザーが所属する会社の情報を入力してください

電子申請支援システム(i-Gate)ご利用規約

 

目次

第1章 総則(第1条-第3条)

第2章 電子申請支援システム(i-Gate)の利用(第4条-第9条)

第3章 システム等の管理(第10条-第13条)

第4章 雑則(第14条・第15条)

附則

 

 

第1章 総則

 

(目的)

第1条           

 この規約は、アウェイ建築評価ネット株式会社(以降 「ABN」という。)が提供している電子申請支援システム(以下「i-Gate」という。)の利用に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

 

(定義)

第2条

 この規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1)「事前相談」 別途定める「業務規程(第47条)」に定める範囲の業務をいう。

(2)「電子申請支援システム」 弊社への建築申請に係る事前相談をインターネット経由で汎用的に受付処理するシステムをいう。

(3)i-Gate」 電子申請支援システムの一環として弊社が開発したシステムの名称

(4)「オンライン登録等」 i-Gateを利用して事前相談に必要な書類等の提出をオンラインで行うことをいう。

(5)「システム利用者」 i-Gateを利用して利用者登録を行う者をいう。

(6)「利用者登録」 i-Gateを利用しオンライン登録等を行う場合に必要なID及びパスワードの発行のために、i-Gateを利用して氏名、メールアドレス等の登録を行うことをいう。

(7)IDi-Gate利用者を特定するため、利用者登録時に弊社が付与する符号をいう。

(8)「パスワード」 i-Gate利用者を特定する際のセキュリティを目的とし、利用者登録時に弊社が付与する符号をいう。

 

(適用)

第3条

 この規約は、i-Gateを利用して弊社に対しオンライン登録等を行うすべてのシステム利用者に適用されるものとする。

この規約の実施のために制定される細則、その他この規約に付随して作成されたi-Gate利用上の決まりは、この規約の一部を構成するものとして前項のシステム利用者に適用されるものとする。

弊社は、予告なくこの規約を改定できるものとし、改定されたこの規約の施行日以降は、i-Gateの利用については改定後の規約が適用されるものとする。なお、弊社は、この規約の改定を、弊社のホームページを通じて周知することとする。

 

第2章 電子申請支援システム(i-Gate)の利用

 

(規約の遵守)

第4条

 システム利用者は、i-Gateの利用に際し事前にこの規約を熟読の上、この規約に同意してi-Gateを利用するものとする。

システム利用者がi-Gateを利用した際には、システム利用者はこの規約に同意したものとみなす。

 

(システム利用者の責任)

第5条

 システム利用者は、自己の責任と判断に基づきi-Gateを利用し、i-Gateの利用に伴って生じる以下の各号に掲げる情報及び通信の際に発生する各種電文(電磁的記録も含む。)を管理するものとし、弊社に対しいかなる責任も負担させないものとする。

 

(1)申請提出者ID

(2)パスワード

(3)i-Gateの利用に関し送受信される電子メール

(4)その他i-Gateの利用に関連して生じた一切の情報

 

(システムに関する知的財産権)

第6条

 弊社がシステム利用者に貸与又は提供する一切のプログラム又はその他の著作物(この規約及びi-Gateの取扱マニュアルを含む。以下同じ。)に関する著作権及び著作者人格権並びにそれに含まれるノウハウ等の知的財産権は、弊社に帰属する。

システム利用者は、i-Gateの利用に際し、弊社がシステム利用者に貸与又は提供する一切のプログラム又はその他の著作物を以下のとおり扱うものとする。

(1)この規約に従ってi-Gateを利用するためにのみ使用すること

(2)複製、改変、編集、頒布等を行わず、また、リバースエンジニアリングを行わないこと

(3)営利目的の有無にかかわらず、第三者に貸与・譲渡し、又は担保の目的に供しないこと

(4)弊社又は弊社の指定する者が表示した著作権表示又は商標表示を削除又は変更しないこと

 

i-Gateの利用可能時間)

第7条

 i-Gateは、原則として24時間365日利用可能とする。ただし、上記時間内であっても、機器メンテナンス等によりシステム利用者に予告なくi-Gateの利用を停止する場合がある。

システム利用者が弊社に対し行った利用者登録の確認に係る事務処理は、弊社における担当者の業務時間に行うものとする。

 

(システムの利用の停止又は制限)

第8条

 弊社は、システム利用者に対し、次の各号の一に該当すると認められる場合は、事前に通知しi-Gateの利用を停止又は制限することができる。ただし、緊急を要する場合は、通知することなくi-Gateの利用を停止又は制限することができる。

(1)i-Gateをこの規約に反する目的で使用し又は使用しようとした場合

(2)電子メールを使用した不正行為、ウィルスの送付等、i-Gateを公序良俗に反する目的で使用し又は使用しようとした場合

(3)その他i-Gateの運用において支障を及ぼし又は支障を及ぼすおそれがある場合

 

(システム利用可能文字)

第9条

 i-Gateにおいて使用可能な文字は以下の各号に掲げるもののみとし、その他の外字、機種依存文字等の使用は不可とする。

(1)1バイト文字の英数字及び記号は、JISX-0201-1997を使用する

(2)2バイト文字はJISX-0208-1997を使用し、漢字についてはJIS第一水準漢字及びJIS第二水準漢字を使用する

(3)カタカナを使用する場合は、全角カナを使用する

 

第3章 システム等の管理

 

(設備等)

第10条

 システム利用者は、i-Gateを利用するために必要なすべての機器(ソフトウェア及び通信手段に係るものを含む。)を自己の負担において準備するものとする。その際、必要な手続はシステム利用者が自己の責任と費用で行うものとする。

 

(システムの保証等)

第11条

 弊社は、i-Gateの提供の遅延、中断又は停止が発生しても、その結果システム利用者又は他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとする。

 

(登録情報および個人情報の取扱)

第12条

 利用者から提供を受けた個人情報を含む登録情報(以下「登録情報」といいます。)は、別途定める「プライバシーポリシー」に則り取り扱われるものとする。

 

(情報提供)

第13条

 ABNは、以下の情報を提供するものとします。ただし、本サービスの内容は必要に応じて変更できるものとします。また、本サービスの一部について期間、地域等によっては提供できないことがあることがあります。

1)電子申請支援システム、ホームページの稼働状況、更新情報

2ABNの業務に関する情報

3ABNが提供するサービスに関する情報

4)メールマガジンの配信

 

(非常事態及びシステムの利用が著しく集中した場合における利用の制限)

第14条

 弊社は、天災、事変その他の非常事態の発生又はi-Gateの重大な障害その他やむを得ない理由が生じた場合には、i-Gateの利用を停止又は制限することができる。

弊社は、i-Gateの利用が著しく集中した場合には、i-Gateの利用を制限することができる。

 

第4章 雑則

 

(合意管轄裁判所)

第15条

 i-Gateの利用に関連して弊社とシステム利用者との間に生ずるすべての訴訟については、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所と定める。

 

(細則)

第16条

 この規約を実施するために必要な細則は、別に定める。

 

(その他)

第17条

ABNが必要と認めた場合、本規約は利用者への個別の通知を行うことなく、追加、変更、改廃等することができるものとします。

 

附 則

この規約は、平成28年9月1日から施行する。

 

(改定履歴)

平成24年12月1日      初版発行

平成28年9月1日          改定