iGate(アイゲート)とは、オンラインで
確認申請が出来るサービスです。

建築CAD設計から確認済証まで


建築CAD設計から
確認済証までを一気通貫

建築CADソフト「ARCHITREND ZERO」及び「TREND CA」が必要です。※1

iGateは
申請者の利便性を第一に設計された
確認申請のWEBサービスです

iGateが選ばれている4つの理由

  1. 確認申請(事前審査)がWEBで完結ご来社不要

    ご来社不要で、あなたの都合に合わせていつでも・どこでも、確認申請が可能

  2. 導入企業35,000社を超える
    「ARCHITREND ZERO」(※2)データで
    申請が可能

    「ARCHITREND ZERO」で作成した設計情報を、iGateへ流し込みが可能

    ※2「ARCHITREND ZERO」からiGateにデータ連携をするためには、
    「ARCHITREND ZERO」及び「TREND CA」が必要です。

  3. 入力作業時間の大幅削減を実現

    ・過去データの再利用
    名前や会社名をアドレス登録、また、よく使う単語も単語登録ができ、呼び出しが可能

    ・複数人で同じデータを共有可能

    ・チェック機能でケアレスミスを防止

  4. 物件の審査状況をオンラインで把握

    わかりやすいアイコンで、審査の状況を画面で確認可能

本来の仕事に集中できる、効率的な機能

Data linkage設計データから
シームレスな申請を実現

「TREND CA」から連携ファイルを作成すると、
iGateからワンクリックで連携が可能になります。

Reuse過去に作成したデータを
コピーして再利用

共通情報を何度も入力しなくても済むようiGateに作成済みの物件情報、申請情報をコピーして再利用できます。

Adress book名前の登録・引用で
大幅な入力時間の削減

フォームに入力した設計者情報や施工者情報をアドレス帳に登録できます。
登録した情報は、いつでも参照・修正ができ、他の物件でも楽に呼び出しが出来ます。

Input check入力チェック機能で
正確な入力を補助

必須事項の記入もれや、数値の矛盾を各所でチェックします。

Document事前申請に必要な書類一式を
分かりやすく記載

事前申請に何が必要か一目で分かります。

Q&Aオンラインによる質疑応答で、
スムーズな進行

質疑に対して、いつでも・どこでも、回答が出来ます。

Management進捗状況が一目で分かる

作成が完了しているか、申請の状況はどうか、が分かりやすいアイコンで表示されます。

「ARCHITREND ZERO」データとの
連携手順

今すぐ連携用専用ツール(Setup.exe)をダウンロードする。


セットアップの方法

  1. 1. ダウンロードした「Setup.exe」をダブルクリックして起動
  2. 2. セットアップ用の画面が立ち上がります。「OK」を進めてください
  3. 3. 「TREND CA」が立ち上がるので、「新規作成」を選択します

セットアップが済んだら…


TREND CAとの連携設定

  1. 1. TREND CAから、申請に使うデータを入力
  2. 2. TREND CAから連携ファイルを出力します
  3. 3. iGateで連携データを取り込む

マニュアルダウンロード

TREND CA 連携マニュアル(2MB)(2018/02/15最新)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
お持ちでない方は、リンクバナーをクリックしてダウンロードしてください。

iGateの利用を開始する

TREND CAをご利用の皆様へデータ連携のコツ

  • 住所建物名の前にスペースを入れてください。
  • 名前姓と名の間にスペースを入れてください。
  • 電話番号ハイフンを入れてください。

いますぐご利用開始